最中種(もなかの皮)の製造・卸販売

大切に守り続けたい、「種屋」のこだわり

1929年の創業以来「種」づくりの道ひと筋、
最中皮(種)のサクッとした食感、鼻から抜ける香ばしさ、喉ごしの奥に感じられる
ほのかな自然の甘み、国産もち米100%の素朴な風味と味わいをぜひ、お試し下さい。

伝統の心と技から生み出されるバリエーション豊かな最中種

  当社の最中種は、先代から受け継いだ手業を守り、昔ながらの製法で種作りを行っております。
最中種の呼称は様々ですが、「最中皮」、「皮種」、または「菓子種」と呼ばれることもあり、
当社で製造している種の形状は、菊やもみじ、ひょうたん、変り種として「鮎」や、「ふぐ」などもございます。

広島県産の厳選もち米を100%使用、
もち米本来の、しっかりとした風味を
味わえる最中種です。

最中皮のパリッと香ばしい味わいが
最大限に引き立つよう、
1枚ずつ丁寧に焼成しています。

和菓子以外のオードブル、
料理にも使いやすいサイズと
形状を、常に研究しています。

覧・古・考・新

弊社では近年、「最中種」の持つ新たな可能性を創出する最中作りに取り組み、
既存の先入観にとらわれることなく、自由な発想の中から、新製品を生み出しております。
特に、ウェディンググッズとしてご利用頂くことも多い、カラーバリエーション豊かな「モナロン」、
そして、「最中のお吸い物」にも好評を頂いております。

地元、広島を大切にすること、良い素材を使うことにこだわってきた私たちが、 広島県産のもち米を使用し、「最中のお吸い物」をつくりました。 口に含めば、もちもちつるっと、歯ごたえが楽しめます。


この度、「お吸い物もなか(花)5個入り」が、 第15回 ひろしまグッドデザイン賞 奨励賞を 受賞いたしました。


広島県 信用金庫合同 ビジネスフェアに出展いたしました。 とても多くのお客様と出会うことができました。 有難うございます。



フランスにおいて広島フェアに、弊社の代理店が 『モナロン』を出店いたしました。
※広島フェア(フランス)実行委員会」主催